« 2010年07月30日 | メイン | 2010年08月02日 »

2010年08月01日

●real or fictional?

法人実在説と法人擬制説っていうふるーい議論があるけれど(今,あれを議論する人はほとんどいないと思うけれど),それに似たような対立(というか誤解)ってあるんじゃないかな,と最近とみに思うわけです。

もちろん,法人実在説vs法人擬制説という議論には,さまざまなレベルでの議論があって,それぞれのレベルではどっちの方が妥当かっていうのはいろいろ。なので,どっちが正しいとかどっちが間違っているとか一概に言えるわけではない。ある側面では法人実在説が正しいし(なんか樋口せんせを思い出す),また別の側面では法人擬制説が正しいこともある。その辺を理解せずに論争するのは全く不毛なわけだけど。

で,最近気になっているのは,policy questionのレベルでの議論。このレベルの議論であれば,あるpolicyを採用することによって誰にどういう利害が帰属するんだ,っていうことを分析していかなければいけないので,基本的には,「法人」って言われているものの背後にはいったい誰がいるんだ,ということを分析に見ていく法人擬制説的な考え方が妥当しやすい。

続きを読む "real or fictional?"