« seabass | メイン | living well »

2010年06月06日

francesca

相方と久しぶりにfrancesca行ってきました。このお店,クリスロードにあった前身のお店の頃から知ってるけれど,イタリア男(!)なオーナーの髪にちらちらと白いものが混じり始めたのが,時の流れを感じさせる。

で,本日のメニューは次の通り(まったりと楽しむために今日も写真なし):

- アミューズ
サラミ+無花果と鴨の生ハム
- 前菜
→大豆のパテ+月山筍のパータ・フィロ(?)と生ハム巻き+ほうれん草入り自家製ソーセージ
自家製ソーセージが肉汁たっぷりでうまい! 月山筍は白蕪ソース付で,蕪の自然な甘みがいい。大豆のパテはさわやかな味。
- 自家製のパン
トマト+胡桃とレーズン+ブラックオリーブ+フェンネルシード
→トマトのパンが,人参のパンかと思うほどに甘い。フェンネルのパンは,この独特の香りがいい感じ。
- スープ
紫芋
→砂糖なしでもほんのり甘い。紫芋らしい独特の香りがアクセントになってる。
- パスタ1
手打ちイカスミのタリオリーニwith浅蜊・烏賊など魚介類
→魚介類が色々入ってるのがうれしい。出汁がしっかり出ててウマー。
- パスタ2
手延べパスタ(ピーチ)with蔓紫・黒豚・ヤングコーンで黒酢ソース
→こちらは,肉のうま味がしっかりしてる。ヤングコーンも,缶詰じゃなくて生だとしゃきしゃきで歯触りがいい。少し酸味のあるソースも蔓紫のとろみやパスタとよくあう。
- メイン
甘鯛のソテー or 黒豚のロースト
→甘鯛は,皮のぱりぱり感と白身の旨さとふわりとした食感がこの上ない。これだけの厚みのある甘鯛だといいお値段だろーなー。黒豚の方も,まるでベーコンのように,うま味の凝縮された感じがいい。この強い旨味に対抗させるためか,ちょっと塩が強めに振ってある。ポーション的には,黒豚の方が多いので,食べがいがある。付け合わせの野菜も旬のものが多くてどれもおいしい。
- デザート
ココナツのセミフレッド+ミントのシャーベット+パイナップルソース+リンゴチップス
→セミフレッドは,ココナツファインをもうちょっと砕いた上でパンナコッタ的に生クリームと固めたものか。シャーベットとパイナップルソースの酸味をあわせよう,という発想かな。こちらもグー。

というわけで,オーナーのイタリアンな陽気なトーク(これがfrancescaのいいところの一つだけれど,人によっては好き嫌いが分かれるかも)も楽しみつつ,ステキなディナーを堪能。ぶらう゛ぉー

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2090

コメントする