« consensus building | メイン | Office »

June 17, 2010

custody

とりあえずめっしすげー。それはともかく。

本日の民法研究会のお題

「親権法の課題 ‐比較法的スケッチ‐」

だった。

紛争処理コストを小さくするというポイント――よく知られているように,離婚って割とCoasean bargainingが実現するシチュエーションで,権利の割り当てが,交渉による分配の配分と交渉のまとまりやすさに影響する――と,当事者ではなくて第三者が介入することによって子のために最適な権利の割り当てをしたい――けれども,もちろんそんなことをするためにはadministrative costが相当かかる――という要請とを,どうやってバランスとるのかなぁ,というお話じゃないかなという気が。

でも,報告者の久保野さんの問題意識は,ちょっと違うところにあったみたい。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2099

コメントする