« cherry blossoms in Hachiman | メイン | matsushima-wakuya touring »

May 2, 2010

prizes

4月は,懸賞生活大当たりだった。まずは,ハクバのレンズふきだったけど,その後,一太郎25周年切手シートをげっつ。そしてさらに:

秋田の「きのこ工房なごみ」の「特しいたけ」。市場に出回る椎茸は,A/B/Cランクで,特ランクのものは市場に出回らない珍しい品だとのこと。そこでまず,シンプルにオーブンで焼く:

続いて,パン粉とパルミジャーノ(from Ljubljana)をもって焼く:

どちらも,椎茸のうま味がすごく強い。さすが特ランクだけはある。しかも,上のオーブン焼きの方は,普通の椎茸でこれだけ焼いたらしぼんでしまうけれど,厚みがしっかり残っている。
こんな椎茸,自分で買うことはないものなので,こういう風にもらったりすると結構うれしい。

懸賞生活ついでに,もらいもののからすみを調理してみる。台湾の標準的な大根オードブルの他に,黒澤明が好きだ(←本当か?)というからすみ丼:

あまり塩味は強くなく,マイルドな味。バター醤油とあわせる「からすみ丼」は,バターのコクがプラスされる分,なかなかリッチな味になる。おいしい。しかし,お値段を考えると,日常的に食するものじゃないね。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2067

コメントする