« acqua pazza | メイン | circumstantial evidence »

May 15, 2010

pay regulation

Can Pay Regulation Kill? Panel Data Evidence on the Effect of Labor Markets on Hospital Performance
Carol Propper and John Van Reenen (JPE 2010)
and the abstract:
In many sectors, pay is regulated to be equal across heterogeneous geographical labor markets. When the competitive outside wage is higher than the regulated wage, there are likely to be falls in quality. We exploit panel data from the population of English hospitals in which regulated pay for nurses is essentially flat across the country. Higher outside wages significantly worsen hospital quality as measured by hospital deaths for emergency heart attacks. A 10 percent increase in the outside wage is associated with a 7 percent increase in death rates. Furthermore, the regulation increases aggregate death rates in the public health care system.

ちょっと前のjob matchingのエントリで例に挙げた介護福祉士なんかにも通じる話だけど,ここまで明確に示されるとやっぱショッキングだなー。

ちなみに,同じロジックは,金銭的なpayだけでなくて,法ルール(たとえば損害賠償責任)の影響にも当てはまることになる。法ルールのあり方によって,実質的な賃金は決まるから,実質的な賃金を下げるような形での責任の強化がなされれば,人はoutside optionへと流れる。「被害者保護」を錦の御旗に責任を強化することが,かえってたくさんの被害者を発生させるという,よくある罠なんだけど,「被害者保護」の正義感に駆られる人にはその辺が分からないらしい。日本でも,産婦人科医を刑事裁判で訴えてしまった某県では,産婦人科医の流出がすごかったらしい。
まぁ,検察官の勤務評定がその辺を考慮しないインセンティヴスキームになってるってことも,問題の一因ではあるかもしれない。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2075

コメントする