« pay regulation | メイン | east view of the pacific ocean »

May 17, 2010

circumstantial evidence

The final tulips:

チューリップは3種類あって,最後に八重(縁がピンクになる)と薄いピンクのが咲いてきた。

が,どうも,このチューリップやアネモネが植わっている辺りが,ぐしゃっと踏まれたような感じでなぎ倒されている。

目撃証人はおらず,現行犯タイ━━━━||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||━━━━ホ!!もできない。考えられる犯人は,3人:

a) カラス
b) ボール遊びをしてる近所の子供
c) 家の前がぬこ道になってるので,近所のぬこ

で,相方が,ぬこ避けには,コーヒーかすとか,オレンジの香りが効くらしいと調べてきて,周囲にコーヒーかすを撒いてみた。

そしたら,見事,チューリップやアネモネが踏み荒らされることがなくなった。

みなさま,以上の事実関係のもと,ぬこどもに対して器物損壊の罪で有罪判決を下してよろしいでしょうか?

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2076

コメントする