« raison d'etre of legal doctrines | メイン | cherry trees by zentaro nakagawa »

April 24, 2010

surf clam

旬の北寄貝を朝市でげっつ。かなり大型:
hokki10b.jpg
まるまると太っていて,身も厚い。捌くのは簡単:

さっと湯通しすると,赤くなるのは,北寄貝のお約束:

さて,食べ方としてはまず,新物の三陸産若布とあわせてお刺身:

甘い!うま味も強い。わさびで抑えてもまだ甘みが強い。若布の香りもいい感じ。
もう半分は,「一番おいしい北寄貝の食べ方」と言われるバター炒めへ:

火がしっかりと通った分,刺身よりもさらに甘み・うま味が強まる。そこにバター醤油の塩味とコクが加わるから,まさに最強。確かに,この食べ方が一番おいしいんじゃないだろうか。

北寄貝ついでに,ようやく筍が本州に上陸してきたので,筍を解禁して石川産をげっつ。まずは筍ご飯:

筍と木の芽の香りがいい。筍の残りは,グリーンカレーあたりへ向かうかもしれない。

も一つついでに,先日,北京で買ってきた甜麺醤と花椒を使った陳麻婆豆腐:

この甜麺醤,日本の甜麺醤と違って,甘み少なめ・うま味強め。花椒が,相変わらずしびれる中毒的旨さ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2061

コメントする