« eating Fukuoka | メイン | yukimi »

March 3, 2010

doll festival

雛祭りというので,相方が作ってくれたちらし寿司・蛤椀・菜の花:

どれもおいしかったです。ありがとー。

対抗して,賣茶翁で花びら餅とうぐいす餅・桜餅をげっつ:


花びら餅っていうと,普通は初釜のお菓子だけれども,賣茶翁では初釜では作っていなくて,代わりに3月1-3日限定で作っているので,予約を入れておいた。
で,食べてみると,牛蒡の香りが素晴らしい。味噌餡のしょっぱさとコクとよくあっている。川端道喜の本にも書いてあるけど,これは作るのがすごく大変らしい。求肥部分は,外側は透明・内側はピンクのグラデーションになっていて,外から見ると内側のピンクが透けて見えるのが美しい。1年1回の贅沢。
うぐいす餅と桜餅も,安定してよい(漉し餡が上品に炊きあげられている)。桜餅の皮が,意外にもちもちっとしているところが面白かった。この2つも限定品で,これらの他に,弥生壇も限定である。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2018

コメントする