« confectioneries for january | メイン | end of the new year festivals »

January 12, 2010

●jiao-zi


こんなすごい試合はさておき,自称

に行ってみた。

こちらがお店の外観。技術「連鎖」って言うのがよくわからないが。

自宅近くにあるので,余裕でお散歩圏内。やや分かりにくい場所にある割には,客が途切れずに入ってくるので,人気店なのかもしれない。餃子だけを皿でもらって帰る近所の人らしき人も多い。

注文すると焼き餃子(8個420円)より先に水餃子(6個420円)が出てくる:

やや大きく丸っこい餃子。酢醤油みたいなのが出されて,それでいただく。皮は,もちっとした厚め。やはり水餃子はこうでないと。続いて,焼き餃子:

これは,いったん冷凍したものを,蒸し焼きにした後揚げ焼きにする感じで,時間がかかる。見た目,かなり大きいように見える(まるでおいなりさん)けれど,大部分は,水蒸気でふくらんだ空洞。具は,底(実際にはひっくり返してあるので上)についているだけなので,見た目ほどのボリュームではない。
実は,この空洞部分がくせ者。いかにもやけどしそうに熱そうなので,おそるおそる噛んでみると,まずはこの空洞に突き当たるので,「あれ,思ったより熱くないな」と安心する。そこで調子に乗ってがぶりと逝くと,熱々の具が口の中に充満することになってやけどする,という罠。
味の方は,かりっとした皮と,熱々の具で,普通においしい。揚げてる油があまりよくないのは減点要因ではあるけれど,ごはんの盛りもかなり良く,お値段も安いので,これはきっと学生受けするだろうなぁ。東北福祉大や三条の国際交流会館も近い。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1983

コメントする