« black bean muffin with raisn | メイン | confectioneries for january »

January 9, 2010

●japanese roasted tea

ケンイチさんからいただいていたお茶を開けてみる:

柳桜園の香悦というかりがねほうじ茶だった。パッケージは鳥獣戯画。

入れてみると:

茶葉は,茎が多いけれども,葉も少し(相方曰く,茎の部分は丸八製茶場の加賀棒茶に似てるらしい)。
味は,あまり焙煎は強くなく(=スタバ的ではない),ちょっと待って温度が低くなってくると甘みが出てくる,とても上品なお茶。甘みが目立つのは,茎が多いからなんだろう。
うおがし銘茶のほうじ茶が,煎茶をほうじ茶にしていることもあってパワフルなのに比べると,味は抑えめだけれども,香りは豊かで,逆にその分,品がいい。ただし,長く入れてしまうとえぐみが出てきてしまうので,20秒程度でさっと入れるのがいい感じ。
さらに,二煎目以降も,安定して味が出続けるところがすごい。

むーちゃ・ぐらしあす!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1981

コメント

>煎茶をほうじ茶にしていることもあって
このお茶は何をほうじ茶にしているのですか?

最近、うおがし銘茶がさり気なく値上がりしているように思われるのは気のせいでしょうか・・。


うおがし銘茶の「はいから」は,煎茶を使ってると説明された(これに対し「都ほうじ」は,確か普通の番茶だったと記憶)ことがあるけれど,こちらはちょっと分かりません。

茎の割合がすごく高い(ので,加賀棒茶に似てる)のは分かるんですが,葉の部分は何なんでしょうねぇ。聞いてみないと分かりません。番茶のように大きな葉が入っているのではなく,煎茶のように細い葉であることは確か。

ともあれ,焙煎も浅めで,スーパーで売っている安いほうじ茶のように,お焦げの香りだけが強くてお茶の味がしないのとは,全く別物です。

ありがとうございます。

水色はうおがし銘茶に似ていますね。

うおがし銘茶のはいからは,2煎目から赤っぽく色が変わりますが,こちらの色は安定してますね。
まぁ,うおがしが変なのですが。

コメントする