« a baryton | メイン | earthquake resistance »

December 8, 2009

INC2009

今年も交渉コンペ終了。私学(典型例が同志社)とか東大とかのように,OB/OG組織がきっちりできている場合は,そのOB/OGが後輩を指導して,どうやったらいいか,何をやっちゃダメか,といった情報を引き継いでくれるので,岡田せんせが言っていたようにそこ独自の「伝統」ができる。

でも,うちのゼミ生たちは,東京の企業に就職してしまう人が多いこともあって(それだけ優秀な学生が来てるっていうことでもあるんだけど),OB/OGによる指導は期待できなくて,基本的には毎年ゼロからのスタートになる。新堂さんと話してると,北大も似た状況。この意味で,地頭だけで勝負しているのに近いんで,よく健闘してるなぁと感心する。

もちろん,年ごとに傾向はあるんだけど,今年のゼミ生は,どちらかというと交渉に力を入れていた(去年はむしろ仲裁に気合いを入れていた感じ)。

nyさんのところと対戦したチームは,派手な仲間割れをしてたけど(←当人たちに聞くと,準備段階からこちらのチームはそうなるだろうとみんな予測していたらしい。ちょwwwwwwwwwwwww),慶応と対戦したチームの方は,なかなかうまくできたみたい(ただ,もうちょっと粘った方がよかった)。

まぁまた来年もがんばるべし。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1958

コメントする