« beijing souvenirs | メイン | graduate education »

2009年11月13日

wabito

誕生日だってことで(これでアラフォー),相方に和美人でごちになってきました。

これはパンナコッタwithクランベリーソース。クランベリーソースを自作した経験から言うと,酸味と渋みがあまりないので,多分ドライクランベリーから作ったんじゃないかと想像。

牡蠣のグラタン:

やっぱり牡蠣とクリームの組み合わせは鉄板。
真鱈の白子のフリットwithラディッキオ:

白子のとろーりとした甘みとフリットの塩味のバランスがよい。ラディッキオというのは,チコリみたいにちょっと苦みのある野菜。
オマールエビのスープwith帆立貝+青大根:

このスープ,オマールエビを漉しまくって作ったものということで,まるで干しエビのような濃厚な香りと味がする。それと,どちらかというと淡泊な帆立・大根との対比(色合いも)がいい。
サツマイモのニョッキwithエゾシカのソース:

ほのかに甘いもちもちとしたニョッキに,力強い鹿肉の組み合わせ。なかなか良い。
ホルモンのパスタ:

これまたホルモンのうま味がよく出ているのだけれど,トマトソース味で,エゾシカと2品連続でパワフルな料理が続くのは,組み合わせ的にどうかな。魚介系のパスタの方やオイル系のさっぱりとしたパスタの方がメリハリがついたかも。
銀鱈の西京焼きwith蕪のピューレ:

これが今回のコースで一番良かった。蕪のピューレは,蕪の甘みと香りが良く出ていて,それが同じく甘みのある西京焼きとよく合う。なんか和食な感じで面白い。
ラムチョップwithジェノベーゼ:

脂身までがっつりいただくべし。

thx!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1936

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)