« kosanji | メイン | deny »

October 30, 2009

●tort law and empirical analysis

今日,経済学部の学部生(3年生!)さんたちが,今書いてる不法行為についてのペーパーについて相談させて欲しいといってきたので,面談。

僕に話を聞きに来たのは,「不法行為法の目的――「損害填補」は主要な制度目的か」を見つけて探り当てたからだそうなんだけど,話を聞いてみると,なかなか面白い。

とある実証をやってみたら,法律家的な感覚からすると結構意外な結論が出てるので,それってひょっとするといいかも,と感心。この実証,最近,まっぴ~とIVについてメッセでディスカッションした話とアイデアが関連していたりする。

ただ,理論部分は,ちと甘い。social plannerの観点からのfirst bestの導出をして,それと,private actorの意思決定とを比較しなくちゃねぇ。って,僕に指摘されるってのもどーよ。

# しかし,素人相手に,判決理由と傍論の違いを説明する羽目になるとは

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1923

コメントする