« harvest moon | メイン | mackerel and chrysanthemum »

October 3, 2009

●mingjiang

清華大学のせんせたちと大学内の甲所でディナーをしたときに,せんせの一人が持参したお酒(の瓶):

裏側は:

ここに書いてある「最も可愛い人」っていうのは,実は軍人のこと。それは,ケースに書いてある説明を見ると分かる:

つまり,このお酒は,人民解放軍専用。市販されてない。軍の幹部に対してのみ支給されるものだけあって,すごくおいしい(が,アルコール度数53度)。紹興酒をもうちょっとクリアにした感じの味。香りもすばらしい。曰く,軍の上官が,死地に赴く部下にこれを飲ませて,「これ飲んだんだからいつ死んでもいいよね♪」って送り出す酒らしい。

で,この日のディナーはあまりに盛り上がったので,このせんせ,当初は1本だけ飲むつもりが,もう1本秘蔵していたのを出してきて,空けてしまった。53度のお酒をそのペースで飲めば,倒れる人も出てくるわけで,その提供者ご本人(うはw)と,芹澤せんせ。芹澤せんせは,後ほど,ホテルの部屋の前で立てなくなって座り込んでいるのを目撃されているwwwwwwwww。しかし,そこに行くまでにすごい飲んでいた(僕なら死んでる)ので,キャパシティー自体はすごいね。というか,僕の代わりに飲んでくれて助かりましたw

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1901

コメントする