« annual conference - japan maritime law association | メイン | a bankruptcy »

October 12, 2009

●if you torture the data long enough, it will confess

久々に商法シンポに出たら,検討会メンバーが久保田先生を除いて全員発言して,その他も関係者ばかりが発言し,それ以外の人がほとんど発言しなかった件。

まぁ,あのテーマだと,まともな質問できる人も限られるからなぁ(その中で,わざと統計屋さん路線一直線を逝ったオイラもどーよという気がするけれど)。逆に,DQNな質問が少なかったのはよかったかもしれない(単にDQNな質問をしがちな人がそもそも出てこなかったという説もある)。

はともかく。

まつけんさんとnyさんに京土産をいただいたので,まずはnyさんからいただいた,亀屋良長の「玄米餅 秋くるみ」:

以前にいただいた山椒餅と同じく,求肥系に和三盆。ただの求肥じゃなくて,玄米の餅で,胡桃が入ってる。玄米という響きにしては割と癖のない餅で,そこに胡桃の食感がいいアクセントになっている。そして和三盆特有の甘みがいい。餅という点では共通する東北の柚餅子が田舎っぽくどーんとしてるのとは違って,小粒に切り分けてあって,和三盆を使ってるところが,お上品で,京都らしい。こういう求肥系は元々大好きで,食べ始めると止まらなくなる危険性がある

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1907

コメント

早速レビューありがとうございます。まつけんさんとの京都みやげ選びはもはや慣例になりつつある気がします。

確かにこの前の山椒餅といい、私の求肥好きがばれるチョイスですね。
小粒なので「もちもち」感が十分か心配だったのですが、楽しんでいただけたようでよかったです。またおいしいもの探します。

どもーです。

残っていた秋くるみは,相方に全てつまみ食いされてなくなっていました。

夫婦げんかの種になるかもしれませんw

コメントする