« quantitative methods | メイン | imoni2009 »

October 24, 2009

●asperger and selection

アスペルガー症候群には,「変わり者の天才」が多いとか,学者に多いとか言われることが多いけれど。

それって単なるselectionの可能性もあるんじゃないだろうかという気もする。

つまり,アスペルガーであったとしても,単独であっても比較的おっけーな(というよりは,単独であることに価値があることもある)学者という職業であれば,surviveできる可能性が高い。でも,他の職業だと,他人とinteractionしないとやってけないから,そもそもsurviveできない。だから,目立つ人の中でアスペルガーを捜すと,その人は学者である確率が高くなる(←単純なBayes)。しかも,学者になるためには,当然ある程度頭が良くないとなることはできないから,必然的にその中に「天才」の可能性も高くなる。

とすると実は,そういったsurviveできる人じゃなくて,目に見えない多くのsurviveできなかった人のことが問題になるわけで。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1917

コメントする