« eating Niigata 2 | メイン | into the wild »

August 24, 2009

●pacific saury

そろそろと秋の気配。まるまる太ってよく脂ののった秋刀魚は旨い:

半分は塩焼き。

やっぱ秋の仙台は秋刀魚だねー。これだけ型が良くて5匹300円なり。

ついでに,賣茶翁で,秋らしく,まずは茜空:

練り切りの食感も,粒餡なのに漉し餡のように上品な餡も,素晴らしい。グラデーションを施した見た目の美しさと季節感もいい。
そして,玉藻羹:

ただの水羊羹かと思っていたら,全然違う。上から順に,抹茶,寒天,漉し餡。寒天部分は,水羊羹ではなく,餡は全く入っておらず,黒糖っぽいのでほのかに味付け。ほろほろと崩れる感じがいい。そして,底に水分を含んだ漉し餡が丸めてある。抹茶のほろ苦さは,後味で来る感じ。なかなかいい抹茶を使ってる。こちらは,夏っぽい涼やかな雰囲気でウマー

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1872

コメントする