« negotiable instruments | メイン | heichinro »

May 21, 2009

●an example of prisonners' dilemma

何でUSとかではマスクをする人をあまり見かけないのかというと。

マスクをする人って言うのは,既にトンフルのような病気にかかっている(またはその恐れがある)人であって,他の人に伝染させない目的でするわけ。で,自分がかかっていないのであれば,別にマスクをする必要はない。

で,これに対して,日本だと,伝染病にかかっている人がするのではなくて(もちろんすべきなのだけれども),むしろまだかかってない人が予防のために(といってもどれだけ効果があるのかはよくわからない)マスクをする。
そういう行動をとる人が多いのは,おそらく,自分が伝染病にかかっても,自宅でおとなしくしていたり,外出時にマスクをしたりしてくれるような,外部性をきちんと考えて行動してくれる人があまりいなくて,そういう患者(またはその予備軍)が,外部性を考えずに周囲にvirusを撒き散らす行動をとることが多いだろう,と予測する人が多いからなんだろう。
でも,そう考えて,まだ伝染病に罹患していない人たちが,競ってマスクを買い集めに走ると,本当にマスクをしてもらうことが必要な患者(またはその予備軍)のところにいきわたるべきマスクが足りなくなって,上に書いたbeliefが自己実現してしまう,という,笑えない罠。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1801

コメント

nが1個多かったよ... orz

風邪を治すにはまず5人の他人にうつせと言われながら育った世代なので・・・・(笑)。

アメリカでマスクが流行ってないのは、単純につけてると連行されそうだからな気がします・・・・。初めて日本でマスクした人見た時、僕も怖かったし・・・。

この人達はどこのヤンキーかと・・・。

そのUSの場合だと,誰もマスクをしてない→マスクしてる人は怖い病気にかかっているか,テロリストに違いない,というbeliefが成立する,ってことなのかと。
そうすると,囚人のディレンマとは違って,均衡が2つあることになるね。

コメントする