« Cobain | メイン | hanami »

April 9, 2009

●Taiwanese Souvenirs

皮から手作りで水餃子を作ってみる:

皮がもちもちでウマー。台湾土産の干し蝦(日本の干しエビとは味が違う)入り。

ついでに,台湾土産シリーズ。まずは,大根餅:

ちょっと焦がすと香ばしい。

ここから先はしばらく,犁記餅店シリーズ。賞味期限が短いが,どれもおいしい。まずは,太陽餅と福円太陽餅:

ここの太陽餅は,普通の台中名物のに比べると,パイ部分の作りが全然違う。さくさくでバターの香りが高く,中心部の蜜餡もさっぱりとした甘さでよくあっている。福円の方は,龍眼入り。どちらも普通の太陽餅よりもずっとおいしい。
老婆餅:

太陽餅とコンセプトは似ているけれど,蜜餡を包んでいるのが,パイ生地ではなく,パイとスポンジの中間のようなふわふわとした生地。これもいい。
比較=普通の太陽餅:

犁記餅店のと比べると,さくさく度で落ちてしまう。犁記餅店のを食べてしまうと,こっちには戻れないなぁ。
同じく犁記餅店の,月餅シリーズ:

以下,この月餅の拡大図がしばらく続く。まず,塩卵入り月餅:

柚子入り月餅:

棗入り月餅:

栗入り月餅:
twsv09-09.jpg
再び,塩卵入り鳥豆沙月餅:
twsv09-10.jpg
クルミ月餅:
twsv09-11.jpg
ここからは,犁記餅店のパイナップルケーキシリーズ。犁記餅店のパイナップルケーキには,3つのラインがある。一番安い鳳梨パイ,金玉満堂,富貴満堂,の順。金玉満堂は,パイナップル・梅・メロン,の3種類ある。

メロンは,どうもメロンソーダっぽい人工的な香りがするけれど,パイナップルとメロンは普通。しかし,バランス的には,この高い金玉満堂より,安いノーマルパイナップルケーキの方がおいしい気がする。
一番高い富貴満堂(遅い時間に行くと売り切れるらしい)には,松の実バージョンと塩卵バージョンがある:


どちらも,リッチで香り高く,おいしい。
このほか,写真をとり忘れたけれど,緑豆の小月餅や餅(→この店のシグネチャらしい)も,劇ウマー。このお店,とにかく全てがおいしい(けれど,賞味期限が短く,高い)。すむぱらしいです。

へそ餅:
twsv09-15.jpg
中は黄身餡。なんか,似た形のフランスパンがあるなー。

牛乳糖。あっちこっちで売ってるけれど,パン屋さんでげっつしてみた:
twsv09-16.jpg
素朴だけど,結構いける。

スーパーで売ってた,「牛タン餅」:

てか,形が牛タン(というか,舌)w 味は,何となく玉子ボーロを思い出させるB級だけど,意外によい。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1757

コメント

中国のお茶道具ですか?

急須(←でいいんでしょーか?)が小ぶりに見えますが、1杯分づついれるような感じなのでしょうか。

台湾茶の正式な功夫スタイルだと,こういう小さいので煎れます。

この小さい急須に茶葉を底が見えなくなるくらい詰めて→茶海にうつして→聞香杯で香りを楽しんで→湯呑みで味を楽しむ,というサイクルで,4-5煎くらいまで入ります。

茶器のフルセットってこんな感じ
http://stretch-goal.com/gtc/4_1.shtml
ですが,何故かうちには,こういうのが3セットくらいあったりするwwwwwwwwwww

ちなみに,中国本土のお茶はまた別の煎れ方になります。

ちなみに,台湾で茶芸店に行くと,このスタイルで飲めます。日本でも,気合いの入った台湾系喫茶店なら,やってるかも。

ありがとうございます。

発想は紅茶の淹れかたと同じですね。
中国茶は(発酵と半発酵の違いなのか)
3煎以降も美味しく飲めるのが不思議かつ経済的です。

ご家庭で3セットもお持ちとは本格的ですね。

コメントする