« garbanzo curry | メイン | donations and human capital »

April 6, 2009

●right or left?

右から読むのか,左から読むのか,それが問題だ:
hachi09apr1.jpg

散歩してたら見つけたもの。

お味の方がどうかは不明。

歩いていたら,おなかが減ったので,久々に源吾茶屋へ逝ってみる。づんだとクリームあんみつ:


ここって,他から来た人に「連れてって」と言われたときくらいしか来ないので,職場から近い割にはあんまし来たことがない。まだこれで2回目か3回目。花見の時期にはまだ早いので,比較的空いてる。
づんだは,シーズンじゃないから仕方がないけれど,もうちょっと豆の青臭さがあった方がらしい気がするけれども,づんだに慣れてない観光客には,マイルドで,甘みもやや強めなこれは,いいかも。クリームあんみつの方は,台湾の屋台で豆花とかかき氷とかで,ごちゃ混ぜトッピングの世界を堪能してきたばかりのせいか,「なんかアジアっぽい共通さを感じるねぇ」と思ってしまう。
ちなみに,仙台であんみつといえば,普通は彦いちだけど,まだ逝ったことがないorz

帰宅後,さぁ新学期だ!と気合いを入れるために,Tさんからいただいた阿里山烏龍茶をついに開けてみる。箱:

封緘部拡大図:

確かに,いいお茶であることは分かるけれど,1-2回煎れただけでは,このお茶の良さを最大限に引き出すポイントがつかめない。やや焙煎の効いた風味で,茶葉をちょっと多めに入れるととろーりとした感じが出てくるところまでは判明したけれど,なかなか最適解を見つけるのがむずい。ヘタレの舌には高級すぎるのかもorz

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1754

コメント

香りはいかがでしょうか?それと一度に何回までいれてみましたか?3煎目ぐらいの味は?(あてずっぽう)

まあさん家、懐かしい。
何度か行きましたが、開店した頃が一番おいしかったような。。。
最後に行った時もあまりいい思い出がなくてそれきりになりました。
まあ個人的な意見ですので、是非食してみてください。

> Vtさん
香りはやや焙煎強め。緑茶に通じる感じ。4煎目くらいまで入るけど,まだ,1煎目と2煎目のどっちがな-,という調整がついてません。

> YF君
tryしてみます。が,その前に,この前の五女山美食城の石焼き麻婆豆腐を試してみたい気が。

コメントする