« injection | メイン | returns to soccer game results »

2009年04月19日

negotiable inst.

某京女編集者さんから,

1月の会議で、構成やご担当部分等をお決めいただきましたが、
ご執筆の締め切りを5月末とさせていただいておりましたため、
新年度の節目に、改めてお願いのご連絡を差し上げました次第です。

という脅迫文reminderが送られてきたため,ちまちまと書き進めてます。

現在までのところ,オイラ担当部分のうち書き終わった部分は,
- 銀行振込の周辺と決済システムのお話
- 小切手の無権限取引と為替手形
- 約束手形の仕組みと振出
まで。残るは,
- 約束手形の流通
- 全体の総論
だけ。前者がやや細かいテクニカルなお話が多くてうざいけど,まぁ,基本的に細かくてうざいお話は,かなりの部分をこづやんにおしつけてあるので(約束手形と小切手の細かいお話),こちらは,利益衡量と制度設計の違いがストレートに出る,「面白い」ところを担当しているので,割と楽しく書けてます。その辺の「面白い」ところは,結構わずかなキー概念で,いろんなところを横断的に整理できてしまうのが,今までになくていい感じ。

(本日のBGM: Nine Inch Nails "Fragile")

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1764

コメント

うう、手形小切手がわからないよう...
うう、教科書の指定に失敗したよう...
うう、2800ドルと5800ドルとでは大違いだよう...

ということで全国の手形小切手のできない教員のために早く出版してください。
期待してお待ちしております。

東北はよゆーでICPSR会員だから,じゃ,うち来る?

教科書の方は,僕の方は期限通りにできそう(多分GW中にできあがる)けれど,こづやんの方がどうなってるかは知らんw

こんにちは。教科書楽しみにしてます。>A.T様。教科書にご指定いただいている本(長生き大法学部ウェブサイトで確認したよ!)のダメな点について、こっそりメールでお知らせいただければと思います。

手形学説に触れてある点で既にみんなアウトですw

コメントする