« eating Tainan | メイン | eating Taipei 2 »

March 11, 2009

●eating Taipei 1

台北を喰らふその1。まずは,小籠包で有名な鼎泰豊信義路本店:

5-10分の待ち時間で入れたのだけれど,Tさん夫妻(近くに住んでる)によると,「いつもは30分以上は並ぶ。やっぱり金融危機でみんな外食しなくなってるんだよ」とのこと。なるほど。

まずは,名物,小籠包。熱々のスープがウマー。もちろん,皮も肉もおいしい:

こちらは前菜いろいろ。空心菜の炒め物が,ニンニクが上手に利かせてあって特によい:
tw09sp-94.jpg
酸辣湯。これがまた,酸味と旨みのバランスが絶妙でおいしいのです:

小籠包のベジ版。こちらは,汁気がなくていまいち。この系統では,ChicagoのChina townの潮州料理のお店のchive dumplingが最高だった:

小籠包のかに味噌版:

スイーツ小籠包(餡入り)。これも逝ける:

餅米を蒸したもの。中にはこしあんが入ってる。リバースおはぎだと思えばおいしく食べられる:

帰り道で,近くのパン屋さんでエッグタルトをげっつ:
tw09sp-100.jpg
当たりだったv

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1734

コメントする