« the queen and the soldier | メイン | nagato »

December 15, 2008

●lexis or westlaw?

なぜかとしょいいんちょなどというものを今年度はさせられているのですが。

大学向け予算の削減で,図書費もがつがつ削られて,予算編成作業では悲鳴をあげてます。

昨年までは,Westのreporterシリーズを紙ベースで契約してたのが,「これはたまらん!」と,紙契約を強引に切りました(←きょーけんはつどー)。
しかし,今まで紙を使っていた人たちから,「これまでLexisあるけど,reporterシリーズの契約切ったら,Keyciteが使えん!」(代わりにLexisにはShepard'sがあるが)というクレームが来て,それなら,と,今年度は,Lexis+Westlawの二重体制でやってきました。これでも,紙を買うより安い。

で,来年もWestの契約するの?って問い合わせが来て見積もりを見ると,なんと200まんえーん... 正直,KeyciteとShepard's以外はほぼ両者は重なってる(ただし,Westlawだと週レベルの判例までPDFでとれるらしい)ので,その単発機能のために200万円払うのは,コストパフォーマンス考えると,ちょっとどうかと... 手元の利用数統計見てもねぇ。

なので,「仮に切るとしたら,どっちの方が使いやすくて残しやすい?」とアンケートとってみても,意見割れてます。ここは最終的には,いいんちょきょーけんはつどーで,やっぱり一発あみだくじかなぁ。

※ ちなみに個人的には,東大法研に入っていたLexisから始めたけど,UofCでWestlawに触れてから,後者の方がインタフェースがいい感じ。

まぁどちらにしろ,ヘタレなオイラは,法律系の文章も判例もたいして読まないので,ElsevirとJSTORとOxfordUPとUofCUPとBlackwellの契約さえあれば足りるんだけど。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1666

コメント

部外者で済みませんが、Westlawに一票。判例をpdfでとれるのはやっぱり便利。

Westlawの場合、検索結果の画面で表示されている条文や判例に対して、直接リンクが張られており、元の検索結果との間を行き来することができます。しかし、LexisNexisでは、検索結果からのハイパーリンクは張られていません。また、例えばイギリスの会社法関連の冊子体の判例集を画面上で選択して検索できるので、特定の分野に限定して検索をかけるのは容易です。LexisNexisでは、このような限定がやりにくいはずです。また、LexisNexisでは、カナダの重要判例集であるDominion Law Reportsを提供していたCanada Law Book Inc,が今年3月末でデータの提供を打ち切り(同社が独自に検索サービスを立ち上げ)、約20程度の判例集のコンテンツが消滅しました。また、年間のランニングコストの面でもWestlawの方が安価のはず。こちらの方が残すにはいいと思います。

コメントする