« editing videos | メイン | white flag »

December 10, 2008

●japanese pepper

ネゴコンペで,nyさんから俵屋吉富の山椒もちをげっつ:
sanshomochi08.jpg

帰りの新幹線の中で学生さんと食べたときは,「うーむ,駄菓子屋で昔1個10円で売ってた餅菓子とあまり変わらないではないか」と思ったのだけれど,家に帰ってからちゃんとお茶と食べてみたら,和三盆のソフトな当たりと,餅から後にじわっと出てくる山椒(葉っぱよりもむしろ実の方)の味が,どうしてなかなか癖になる。繊細な和菓子は,食べる環境が大事だなぁ,と実感。

さて,柚子が大量に余っているので,ゆず茶を大量に作ってみる:
yuzucha08.jpg
ちょっと砂糖が少なめだったかも。さらに,さつまいもも余っていたので,スイートポテトもてけとーに作ってみる:
sweetpotato08a.jpg

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1663

コメント

遅くなりましたがコンペおつかれさまでした。
山椒もち、「好き嫌いが分かれる」というコメントもあったのでどうかなと思ったのですが、お気に召していただけたようでよかったです。
でも私が選ぶお菓子って癖のあるものが多い気がします・・・。

いえいえどもーおいしかったです。

癖があって個性的な方がかえって好きなので。ペルーでネズミの丸焼きも食べたし。

コメントする