« thinking through models | メイン | no music »

2008年12月30日

boots and bike

先日の忘年会での会話。

たっきー(T)「川内キャンパスでブーツはいてる女の子結構いるけど,この坂の上なのにみんなよく頑張るなー,って感心しますよ。自転車を押して上ってくるの,大変ですよ」
はつる(H)「原チャじゃないのかな?」
T「いや,川内の自転車置き場の原チャ比率を見ると,そうにも思えませんね」
しみず(S)「ヒールのある靴で,自転車をこぐと,ヒールの根本のところにペダルが入り込んじゃって,靴が傷むんですよ」
H「いやでも,自転車のペダルをこぐときって,親指の付け根で回すでしょ。ハイヒールでも,そこのところは平らなのぢゃ?」
T「いやいやダメです。それでも滑ってきちゃって,結局ヒールの付け根のところが痛むんです」
H「それなら,あれだ。SPD付のブーツを売り出せば,東北大生向けに爆発的に売れるかも!」
S「ちょwwwwwwwww そんなの付けたら歩けませんよ!」(※しみずさんは,自転車部(運動会)出身)

そういわれてみると,うちのファカルティで,ヒールのある靴を履いてる人ってあんまりいないな。あしだてさんがそのイメージがあるけど,彼女は自動車通勤か。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1681

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)