« SHISEIDO october 2008 | メイン | palatino »

October 29, 2008

●how to make curry

これを答案に書いても,可はつきません:
curry08oct.jpg

レシピを見ずに,目分量でてきとーに作れるのがカレーのいいところ(?)。だいたいいつもこんな感じ:
1. コリアンダー・クミン・フェンネルのホールをてきとーにとって小鍋で煎った後,乳鉢ですりつぶす。さらに,ターメリック・黒胡椒・シナモン・カイエンヌペッパー・ナツメグあたりも,てきとーにそこに追加。基本的に,ここのカイエンヌペッパーと後の唐辛子で辛さは決まるので,手が滑ってどさっと入ると(ry
2. 玉葱を1個(小さければ2個)薄切り。生姜とニンニクを適宜すり下ろす。唐辛子を1-2本(カイエンヌペッパーと見合わせながら)小口切り。あと,肉とか魚とかもてきとーに切っておく。
3. 鍋に油を入れて,生姜とニンニクを弱火で炒め,香りが立ってきたら,玉葱を入れて茶色くなるまでじっくり炒める。
4. そこに唐辛子とベイリーフ数枚を投入。さらに,1.の本日のスパイスミックスを投入。なじんだら,肉を投入。
5. 肉の表面の色が変わってきたら,トマト缶を投入。まじめにやるなら,裏ごししながら投入すべきだけれど,普段はめんどいのでそのままどさっと。固形スープの素1個と水をてきとーに足す。
6. ここから野菜をてきとーに切り始める。今回は米茄子・大根・玉葱。茄子は,本当は,一回素揚げしてから入れた方がいいんだけれど,面倒なので普段は省略。ちなみに,カレーの具で好きなのは,茄子・ピーマン・大根・オクラあたりだけれど,この前,レンコンを入れてみたら,しゃきしゃきした食感が意外にマッチ。
7. 野菜を投入。しばらく煮る。ヨーグルトor牛乳をてきとーに投入。塩でてきとーに味を調えて,さらに煮る。終わりだけれど,最後にてきとーにガラムマサラを投入することもある。

その他,最近作ったもの。まずは,焼き栗:
yakiguri08a.jpg
新米(作ったというんだろーか?):
shinmai08a.jpg

ちなみに,MTBの前輪のリム交換が終わりました:
bike_rim08.jpg
帰りに乗ってみたら,乗り味が全然ちがうー! いや,今までがいかにゆがんでいたかだねぇ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1627

コメントする