« QQQ | メイン | big bird »

October 31, 2008

●galette

某所からオーブンレンジをもらったので,galette bretonneのぱちもんを焼いてみた:
galette08a.jpg
どう見ても焼きすぎなんだけど,初めて使うオーブンなので,火力の様子を見るために試しつつ焼いていたため,こうなりました。でもギリ許容範囲なので,食べられる。

180C・16-18分のところを180C18分でいまいちだったので,200Cにあげて見て5分くらいのところでストップ。元のレシピより薄く整形して焼いてこれなので,やっぱり,Chicagoで使ってたガスに比べると,電気は火力が弱いなぁ。

これだと,スポンジ系は難しいかもしれない。まぁ,Chicagoでよく焼いていたビスキュイ系(←ジェノワーズで円形にじっくりと焼くより,ビスキュイで高温でさっと焼き上げてから組み立てる方が楽)は,そもそも天板が入る大きさのオーブンではないから無理だけど。

タルトも,型だけ焼くなら大丈夫だけど,フィリングまでどっぷり詰めて焼けるかはちと難しいかも。まぁ,少しずつ実験してみます。

ちなみに,galetteの「ぱちもん」なのは:
- 火力の分からないオーブンで失敗するとイヤなので,高い〔発酵〕バターじゃなくて,マーガリン仕様
- 普通は,バター:粉:砂糖=1:1:0.8位の比率だけど,これでまじめに作ると生地がだれて整形が難しいので,0.5:1:0.4で。油脂分が多い方がさくさくに仕上がるんだけど

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1630

コメント

おはよーございます。
やった!!!!!お菓子だ!
 ・・・そのうち数種類ほどご馳走にあずかりたいのですが(成功するようになってから)、可能でしょうか?なんか機会があれば嬉しいのですが。

でも,製菓用具はほとんどChicagoにおいてきたので,仙台にはほとんどないです。

生地をのばす麺棒もなかったので,引き出しを開けたらちょうど出てきたすりこぎ(!)で代用したり,コップで型抜きしたり。

置いてこられたということは現地に行けば・・・拠点はあちらですか?と一応。
すりこぎは私もやったことがあります。というか、そうこられると道具代貢ぎたくなってきますが・・・貢いだら可能ですか??

いやいや,Chicagoをたつときに,moving saleで,パイレックスの9inchタルト皿1枚残して売り払いました。

道具は適宜自分で買うけど(といっても,必要なのはタルト皿くらいかなぁ),実際に作るかどうかは暇の有無と気分次第。

気分となると駆けつけることはほぼ不可能な上待機も難しそうですが・・・お気が向いたらお知らせ下さい(T_T)クール宅急便でお願いしたいです

まあ復活だけでも楽しい気分ですが・・・いいなぁその辺の人

コメントする