« eating Nagoya 2 | メイン | eating Nagoya 4 »

2008年10月14日

eating Nagoya 3

びこーず・いっと・いず・ぜあ,てなわけで,甘口メロンスパ:
mountain08a.jpg

単独登頂成功!:
mountain08b.jpg
前回食したのが甘口イチゴスパだったけど,あれより多少凶悪かな。最後はちときつかったです。登頂のコツは,「食事だ」と思わないことにあるんだと思う。外観:

こんなものをお昼に食したせいで,名古屋大に戻ってからちょっと胃がもたれて気分悪くなり,シンポジウム会場の一番後ろの列が空いてたから,4席くらいを広げて横になって寝てましたorz

そして夜は,しら河にてひつまぶすぃぃぃ:

そのまま/with 薬味/お茶漬け,という三種類の食べ方で食すのだけれど,お茶漬けは,せっかくの甘辛のたれが薄まるのと脂が浮いてくるのとで,一番良かったのは薬味かな。皮がうまい。普段鰻を食べるときは,山椒を多めに振るくせがあるんだけれど,ここのはあんまり(または全く)振らない方がいい感じ。

ちなみに,栄ガスビル店に行ったのだけれど,席に案内されてみると,なんと隣席に小粥ふぁみりーが! ちょwwwwwwwwwwww こんなところまで来て会うかwwwwwwwwwwwwww 小粥さんは家族で来てたのね(おそらく奥さんと子供さんは,学会中は名古屋観光?)。小粥ふぁみりーは,速攻で退散していきました。追い出してしまったような...

その他,骨せんべい:
shirakawa08a.jpg
うざく:
shirakawa08b.jpg
肝の生姜煮:
shirakawa08c.jpg
う巻き:
shirakawa08d.jpg
どれもウマーでした。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1616

コメント

まさかマウンテンまで行かれるとは!!、スガキヤに続き、先生の守備範囲の広さに驚くあまり、ついお邪魔してしまいました(当方愛知出身です)。
スガキヤは一説によると女子高生にとってのマックらしく、味はあの程度ではありますが、まさにソウルフードなので先生に試していただいて光栄です。味噌煮込みは冬には毎朝食べてました。

そこにあるから。

スガキヤってうちの弟もバイトしてました、静岡で。
メロンスパはクリームでメロンパンをイメージしているとテレビで言っていました。
しかし、小粥ふぁみりぃにまで会うとは凄い引きの強さですねぇ。

あ、危なかった...
浄心本店にしてよかった...

浄心本店に行って,君が誰と食べてるのか観察しよう説というのも有力に主張されたのだけれど,もしも満席で入れなかった場合に周囲に別のお店があるかどうか分からないのでリスクが高すぎる,と,その点では安心できる栄店にしたのです。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)