« to be Bayesian or not? | メイン | just in time »

September 1, 2008

●shirakawa

この前の那須高原ゼミ合宿は,学生さんにつきあって,新幹線使わずに在来線で行ったのだけれど,黒磯―郡山―福島―仙台の4区間で,一番の難敵が黒磯・郡山間でした。

郡山から仙台までは,比較的本数が多いのですいすい行くけれど,黒磯・郡山間がきつい。1時間に1本くらいしかない。乗り遅れると,あべし。しかも混む(座れずにたちっぱなし)。もうちょっと編成長くして欲しいなぁ。

Dさん曰く,「白河関越えだねぇ」と。なるほど。車内の宙づり広告にも,仙台PARCOの広告が出てたし,白河関を越えると,関東地方から東北地方になって,人は東京よりも仙台に向かうのか。仙台の地方紙も,「北新報」だし。

ということを思い出したのは,学部生時代によく利用した大垣夜行が(半ば)消えるかも,っていうニュースに接したから。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1579

コメントする