« rice cake with yomogi | メイン | salience DOES matter »

2008年05月28日

Tsunogoro

普段のジョギングコース・広瀬川河畔から見上げる川内三十人町。仙台市街地を見下ろすお屋敷街で,その中でもひときわ目立つ洋館(中央右上の辺りで煙突にょきにょき)は,広瀬通沿いにある江陽グランドホテルのオーナーの邸宅とのこと。ホテル同様,オーナーの趣味らしき彫刻があちこちに飾ってあったりします。

一方で,「下界」な角五郎の遊歩道沿いには初夏の花々がいろいろと(with Ultron 40mm F2):


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1506

コメント

1枚目のレンゲと最後の菖蒲の写真を見ると,やっぱUltronはボケがあんまし綺麗じゃないなー,という感じが。マクロレンズの「溶けるような」ボケじゃなくて,ちょっとうるさい。

角五郎がなつかしくて検索でここにたどりつきました><
この洋館、角五郎に住んでた時、気になってましたー。
今ごろやっと、どんな人が住んでるのかナゾが解けてすっきりです(´∀`*)ウフフ
気になるあまり、当時、お散歩がてら洋館の目の前まで行ったんですが、よくわからず。
あの雰囲気、江陽グランドホテルのオーナーと知って、すっごい納得です。

角五郎のお花、こんなキレイだったんですね(*´ω`*)

そうなんですよね,言われると,「なるほど」って納得してしまう。

コメントする