« fauve | メイン | introducing skype »

2008年05月21日

Re: kyushu specialty

前に「九州名物 白くま パフェ」なるものを食べたけれども,同じメーカーから「九州名物 あいすまんじゅう」なるものが売られていたので,げっつしてみた:
icemanju08-1.jpg

白くまと同じく,B級チープ系だろー,とチャレンジしてみたんだけれど,いやこれはかなり予想を裏切ってくれます。まず,白くまが植物性脂肪に由来するチープなくどさがあるのに対し,こちらは「アイスクリーム」に分類されていて,乳脂肪が使われてるから,きちんとクリームの味がする! 見よ,この表示を↓
icemanju08-2.jpg
「おいしさが証明された」のを必死で強調しているところが微妙に涙ぐましい気がしないでもない。涙を誘うと言えば,上のリンク先の商品開発史にある

この、「とろっとした食感」を生み出すのに、開発当時の関係者は、毎日毎日顔が真っ青になるくらい「小豆餡」を食べ続けました。その甲斐あって、「バニラアイス」と「小豆餡」の共存がここに生まれました。

というところも,涙なしにはとうてい読み続けることができません。確かに,この小豆あん,異様に粘度が高くて「どろっ」(「とろっ」という擬音語よりこちらの方があう)としていて,周りのアイスとともに甘みがかなり強い。これが「40数年前」の日本人の味覚なんですね。でも,いかに甘かろうと,アイスで冷たいからどうしてなかなか行けます。
なんとゆーか,もう,このB級っぷりの潔さに拍手。

そういえば,近所に,「今時そんなwwwwwwww」な看板を発見:
danshi_student.jpg

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1500

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)