« blossoms from Kawauchi | メイン | an earthquake in IL »

April 18, 2008

●parking violations

授業で取り上げてみたペーパー:

Raymond Fisman and Edward Miguel (JPE 2007)
Corruption, Norms, and Legal Enforcement: Evidence from Diplomatic Parking Tickets

外交官には訴追免除特権があるけれど,国連に派遣されてる外交官も,同じく,罪を犯しても訴追されない。じゃあ,NYの国連本部に派遣されてる外交官たちは,NYの駐車禁止ルールを守っているんだろうか?

サンクションがないと,人間はどう行動するんだろーか?というのだけれど,結果はこの通り:
FismanMiguel2.jpg
なんとどの国の外交官かで,違反切符を切られる回数が全然違う! このグラフ,横軸が「腐敗インデックス」で,国際政治で使われてる,その国の腐敗度を表す指標。縦軸が,国連外交官一人あたりの違反切符数。日本(JPN)は,横軸-1のちょっと左上で,まじめです。うん,そういう気がする(そして,日本がfitted lineの下に来るのに,フランスとかスペインとかイタリアはfitted lineの上)。右上方面には,アフリカの国々が並んでて,これもそういう気がする。クウェートがやや意外な位置。
何でこういう形になるのか,についてはいろんな仮説が立てられそうで面白い。

実は,State of NYは,2002年10月に法を変更して,外交官といえども3回違反切符を滞納したら,外交官ナンバープレート没収という法改正をしてます。それと同時に,ヒラリー・クリントンも連邦法改正をしてる(罰金額の110%を当該外交官の出身国へのODAから控除)んですが,その結果が↓
FismanMiguel1.jpg
こちらはほぼ予想通りで,「サンクションは偉大なり」。この2002年10月以後も,variationの幅は小さくなったものの,cross-countryの違いは維持されてます。

ちなみに,昨晩は,久々にfrancesca訪問。パスタは,スープはポワロ,パスタは,自家製チーズ+胡椒(胡椒のアクセントが面白い)とホタルイカ+空豆(イカの旨みでなんか和風チック)。メインのサクラマスが,生まれて初めて食べたけれど絶品。ドルチェは,パンナコッタ+ミントシャーベットに,メロンとイチゴのソースで,これもよし。
(...写真なくてゴメン)

写真の代わりに,も一つちなみに。BGMにかけたりするBrandenburg,僕の手持ちCDは「最速」と言われるこれなので,久々に他の人の演奏

を聞いてみたところ,「おせー」と思ってしまいました。チェックしてみたら,ゲーベルの3番第3楽章は3:55で,↑は4:38。この短い曲で違いすぎや....

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1477

コメント

学者ですねぇ (ぇ

ははは。でも、まだブランデンブルクあたりは、普通に聴いてていいですよ。「理論先行、音はヘンテコ」ではありません。

なるほど。アーノンクールっていうと,モーツァルトのイメージが僕の中では濃厚だったので...

コメントする