« rip: minghella | メイン | natural experiment »

March 20, 2008

●sending off

昨晩は,3月末で異動していく人たちの送別会@東洋館

普段の送別会は中心部のホテルでやって,東洋館で送別会やるのは定年退官スタッフのときのみ,という暗黙のルールがあったような気がしていたんだけど,今回は定年退官は含まれていない。研究科長経験者だったから異例の扱いということだったんだろうか。
2次会は,ここしばらく行くことの多いle passageにて。

イタリアンと言えば,この前連れてってもらったあるでん亭
aldente.jpg
はおいしかった。カルボナーラを食したけれど,卵の黄身のとろみ加減が絶妙。次行ったときはボンゴレにトライ予定。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1452

コメント

大学の先生方、法科大学院ができて流動化が激しいですね。動かれる要因は何なんですか。---長の経験者がよその大学へ行くというのは、本当は仙台の都市力の無さ、学生のプライドは高いけれど実態はのんびりしていること、
一番は刺激の少ないことなのでしょうね。
でも、サラリーマンをしていますと、仙台って振り返ると適度に良い街なのですが。
さて、叶匠寿庵で蒸羊羹を買ったところ、味は美味でしたが、すかさずスタンプカードまでいただき和菓子屋さんも大変そうです。

その人は,東大に引き抜かれていったので...うちは,このケースの比率が高いです。多すぎていつの間にか,准教授の着任順位では最古参になりつつあります。

個人的には,仙台は,街のサイズが大きくない割にだいたい全て揃っていて,非常に住みやすい好きな街なのですが。
和菓子といえば,この前,賄賂に使った賣茶翁のお菓子は,みちのく煎餅が好評でした。どら焼きより煎餅を評価するとは,舌が上品。

コメントする