« typhoid fever | メイン | norm entrepreneur »

February 27, 2008

●where are we getting together?

仙台駅の伊達政宗像、青年期過ごした宮崎県大崎市に寄贈

 東日本旅客鉄道(JR東日本)は26日、JR仙台駅の待ち合わせ場所として親しまれてきた「伊達政宗公騎馬像」を、政宗が青年期を過ごした宮城県大崎市に寄贈すると発表した。同日、仙台市内で会見した大崎市の伊藤康志市長は、「地域振興のシンボルとして多くの人に親しんでもらいたい」と期待を語った。

 3月16日、JR陸羽東線有備館駅前の市民交流施設「ユービック」内に像を移設する。同日、大崎市長や仙台駅長が出席して除幕式を催す。

 JR東日本は10月に始まる大型観光イベント「仙台・宮城デスティネーションキャンペーン」に備え仙台駅内の整備を進めている。3月1日に像を撤去した後は何も置かず、「駅の混雑緩和を図りたい」(同社)という。

 像は高さ3.9メートル、幅3.6メートルの強化プラスチック製。仙台駅2階コンコースに1989年に設置されて以来、像の前は「伊達前」として市民の待ち合わせ場所となっていた。

今後は,仙台駅の待ち合わせはどこにするんだろうか。

水時計もかなり前になくなってしまったし,待ち合わせ・集合に使うランドマークがだんだん少なくなるなぁ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1429

コメント

この間先生のいらっしゃる川内をブラーとさせていただいたのですが、生協と講義棟の間の自転車置き場、廃墟みたいな風格が出そうで出ていませんね。学部ごと片平移転のほうが公私ともいいですね。

来られたのが2月に入ってからだと,後期の授業期間は終わって,春休みに入っているので,自転車置き場は大分がらんとしてます。4月になって学期が始まると,また混み始めるのではないかと。

ちなみに,台湾人の知人が前に来て川内を見たとき,「旧帝大がこんなにぼろいなんて信じられない!」(←ちなみに,この知人夫妻はともに台湾のprofessor)とびっくりしていたので,「いやいや,東北大って理系中心の大学だから,理系はすごいですよ」と言って,青葉山の山の上を見せたら,「これなら」と納得してました。
理系はお金があるのでばしばし建物建てられますが(脳トレのせんせも最近24億寄付してくれたし),文系はびんぼーです。
ちなみに,片平は,基本的に撤退方向にあるような気がします。元々片平にあった理系の研究所は,かなりの部分,山の上に移りましたし。

そういえば,金沢大も,城跡から角間に引っ越しちゃったんだなぁ...

昨日東京に向かうため仙台駅に行ったときには、正宗像(と思われるもの)に水色の幕がかけられており、何故だろうと思っていたのですがそういうことでしたか!
今朝仙台に帰ってきたらもうありませんでした・・・
これからは水時計みたいに「旧正宗像前」みたいに言うんでしょうかね??外から来た人にはさっぱりわかりませんね。

外で待ち合わせるのは,天候が悪いときとか冬の寒いときとかは都合が悪いから,やっぱり中しかないよねぇ。だとすると,何がランドマークになるんだろう...

コメントする