« Thailand: summary | メイン | not thai, but indian »

2008年02月16日

re: deterrence

本郷に行ったついでに,博士申請の手引をげっつしてきました:
phd_application08a.jpg
「本製本」を5冊提出しろってかいてあるんだけど,「本製本」って,その辺の製本機で製本したのでもいいんだろーか? ダメなら出版されてからにする必要がありそう。

で,民懇の方ですが,ちといまいちでした。廣瀬せんせには誤解されまくり(もあるけど,廣瀬報告は,複数の(ひょっとすると相互矛盾するかもしれない)ネタを詰め込んでいたので,やや見通しが悪い)だったので,その修正(矯正?)にがむばってきましたが,果たして効いているのやら。
僕らのペーパーへのコメントはむしろ間接的な形でもりひろせんせから来て,「それだと外在的だから,もっと具体的な立法論しなくちゃ」ということで,はい,それは確かにNBLではやってません。そのことは,「面白く読んだよー」という知人の弁護士さんからのメールにも,「今後は具体的な立法論につなげて下さい」とありました。僕自身がやるかどうかは別として(←だってこまい法律構成の話に興味ないもん),「将来の課題」でしょう。

昨日のNBL2/15号から始まった僕のもう一つの連載は,来年度(今年)の私法学会のワークショップのネタ原稿なので,よろしゅー。田中さんによると,ワークショップの司会者とかコメンテーターは,報告者が自分で自由に依頼できるそうなので,①今まで面識がゼロ,②僕と反対で幅広い層からの客寄せになりそう,という理由から,松岡せんせにお願いしようかと考えてます。引き受けていただけるかは分かりませんが。
ちなみに,よくよく考えると,ワークショップってお昼休みからやる,ということは,その日は山登りできないってことねorz 学会前日に行くしかないか...

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1417

コメント

民懇では,「それは,私法学会で言ったことですが…」っていうところが面白かったです.

ぶ。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)