« tamarind | メイン | Thailand: summary »

2008年02月09日

deterrence

2008.01.30(Wed)
予定変更(2月15日)
2月15日の予定が変更になりましたので、お知らせいたします。2月15日は、「抑止的損害賠償への一視点(仮題)」との題目(報告者:廣瀬久和教授)で民法懇話会を開催します。
だそうですよ。

何となくこづやんは,この日に日本国内にいない気がするので,暇人してるヘタレが一人で打たれに逝ってよし,ということなんでしょうか。NBLのやつは,二人のどっちがどこを書いたかは,かなり分担がはっきり分かれている(←知らない人は当ててみよう!)ので,こづやん部分の方にコメントが来ても多分まともに答えられないんだけど。廣瀬せんせの興味関心(←UNIDROITとか国際的な私法統一系で活動してきた)から予想するに,そのこづやん部分に来そうな悪寒がします。

細かいことを言うと,僕らのが「不法行為」で,廣瀬せんせが「損害賠償」(→債務不履行のケースも含む)なので,どうかむのかよく分かりませんが。つまり,合意がなくてexternalityをコントロールしたい不法行為の場合と,基本的に両当事者が合意できるからただ単にdefault ruleを提供するだけの債務不履行の場合とでは,多少話が違うかも,ということ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1405

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)