« instrumenting by language | メイン | frozen »

January 17, 2008

●premiere jan 2008

2008年初premiere。タルト・ノルマンディと洋なしのシャルロット:
premiere2008jan.jpg

洋なしのシャルロットは,リキュール入っているのか,ちょびっとほろにが系。洋なしのムースは定番だけれど,シャルロット部分のスポンジがふわふわで,ちょっとこれは自分では無理っぽいという気がする。

これに対し,タルト・ノルマンディは,レシピは何となく想像が付く。パート・フォンセかブリゼに,リンゴのコンポートを入れて,上からクランブル・アーモンドスライス・レーズンをまぶして焼く。アパレイユなしのリンゴタルトの一種ですね。名前からして,フランスの地方菓子なんだろうと予測されるけれど,その通り,レシピ的には素朴です。けど,この組み合わせは好きなので(←リンゴ大好き人間),ウマー。ただ,リンゴは紅玉(jonathan)ぷりーず,と思います。うん,お菓子はやっぱり紅玉か,やや妥協して交配種のジョナゴールドが。

にしても,相も変わらず,D300の写りは切れ切れです。修正の必要が全くない。1点AFでどこにAFがあうかについても,調整の仕方が判明しました。ロックしてない限り,いくらでも動かせるとは高機能だ...

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1394

コメントする