« ready fuels | メイン | premiere jan 2008 »

January 16, 2008

●instrumenting by language

言語をIVとして「文化」をindependent var.に使ってるんだけれど,どーよ?

Culture rules: The foundations of the rule of law and other norms of governance
Amir N. Licht, Chanan Goldschmidt, and Shalom H. Schwartz

と思ってしまうわけです。

具体的には,人称代名詞を省略できるかどうかのダミー変数をivとして文化的特徴をinstrumentしてるんだけど,それって,例えばスペイン語とか日本語は省略おっけーだけど,英語はダメってことなので,英語文化圏(≒British heritage)+errorを裏側から示しているのに等しくって,だとすると,ivというよりはむしろ,ただ単にBritish heritageのproxyじゃないんだろーか?
一応,first stageは,R^2が,0.54-0.70と結構まともだけれど,でもそれって,やっぱりただ単にerror付でBritish heritageでregressionしてるだけぢゃん。それに,そもそもからして,z→xの因果関係もアヤシイし(causationじゃなくてcorrelationだろ...),ダミーをivに使うのは,variationが小さいから,あんまり適切でない気がします。

前にも,言語的特徴をivに使ったペーパー読んだことあるけれど,こういうのは,流行りなんだろうか?

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1393

コメントする