« oral presentation | メイン | snap photos of the new year's day »

January 1, 2008

●a new year's resolution

大晦日は,謎におせち作りの手伝いをやらされて,きんぴらごぼうのために,ごぼうの山を千六本に。とんでもない大量で,大きめの鍋に山盛り一杯(さすがにそれは食べきれないだろー...)。包丁握っていた右手はともかく,左手はアクで真っ黒になりました。

個人的には,ごぼうは,きんぴらとか柳川とか味を付けてしまうよりも,ささがきにしてお味噌汁に入れるのが,かみしめるとごぼうの香りと味がじわ~っとしみてきて一番おいしいと思うんだけどね。

で,某所に触発されて,new year's resolutionやってみます。で,本年の目標は

博士論文を公表する

うー,公表まで行くかは出版スケジュールによるので,気弱に
博士論文を脱稿する

うー,論文博士とれるか分からないので
博士論文を申請するために脱稿する

にしとこう(←ヘタレ... orz)

そういえば,Chicagoにいたときは,誰かのうちに集まって,five, four, three, two, one, zero! Happy New Year!とやったんだけど(そして花火を見る),日本ではあんまりああいうのやんないですねぇ。USの場合,お正月休みはそんなに長くなくて(むしろその前に11月末のThanksgivingからずっと休みがあるので),1月2日くらいから普通に学校の授業とか始まるから,まさに「これからgo!」という気分になりやすいのだけれど,日本の場合,もうちょっとお正月休みが続いて,その真ん中に元旦が来るから,休みの途中で騒ぐ気になりにくい,ということなんだろーか?
Chicagoのmillenium parkで花火見る強者(←だって外は-10C~-20Cくらいだし,新年変わり目は,景気づけに発砲する人がいるので流れ弾が当たると危ない)もいたけど...

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1384

コメント

私、埼玉県秩父の住人です。
当地では、シカゴと同様に新年0時を迎えると
各々の神社氏子が花火をあげます。

秩父盆地のことですから、冷えた山々にこだまし
遠くの音も聞こえ、なかなか賑やかです。

そうすると,除夜の鐘が鳴り終わって,どどんぱ行くのでしょうか...
とはいえ,USの場合は,かなりのお祭り騒ぎなので,それよりはしっとりしているのではないかなぁと思います。

秩父は,かなり前に秩父夜祭りを見に行ったきりで,何となく,「近くて遠い」イメージがあります。

コメントする