« courrone d'or - sep 07 | メイン | referee report »

September 17, 2007

●the most moving films

HMV UKの調査によれば。2位と4位以外は見たことある。

いまいちどういう基準で選ばれているのかよく分からない(何でこれが入っていてあれが入ってないんだ,の類。特に9位と10位...)けれど,まあだいたい,なんとか,ぎりぎり納得。
5位と6位は,さすがUKでの調査だけはあるなぁ,という感じです(ちなみに,6位について,ちょっと前にある人から,「当時のイングランドの支配階級だと,英語じゃなくてフランス語が公用語のはずだから,フランスの王女と召使いがフランス語で密談しているのはおかしい」と突っ込まれて激しく納得)。似たタイプなら,6位よりはMichael Collinsの方が好きだなぁ。現代のUKの人にはCollinsは身近すぎるのかも。逆に,3位は何でUKでそこまで上に来るかはちと微妙な感じ。
こういうランキングだと,好みが激しく分かれるタイプのもの(典型例:dancer in the dark)とかはランク入り難しいのは当然だろうけれど,逆に,結構一般受けしそうなLasse Halstroemとかが入ってこないとか,古いものが入ってこない(唯一ランク入りしているのが4位)のは,不思議。来店客調査だから,何かselection biasが働いているのかな。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1310

コメントする