« conditional flight | メイン | Hello, Ann Arbor! »

July 17, 2007

●shitatari

亀廣永のしたたり from nyさん
shitatari07a.jpg

切り分けるとこんな感じで
shitatari07b.jpg
寒天系。冷蔵庫で冷やして食べるらしい(と説明が書いてある)。味は完全に黒糖なので,この味が好みの人には受けるのでは。普通の黒糖系のお菓子(例えば,鹿児島以南でよく見かけるピーナッツの黒糖がけ(←食べ始めると止まらないやう゛ぁさがある)とか)にくらべると,くどさはなく,すっきりさわやか。おそらく,ゼラチンのような「溶け方」とは違った「崩れ方」をしていく寒天の性じゃないかと思います。ゼラチンでさわやかさを出すためには,ムースみたいに,固める前に泡立ててから固めないとしつこくなる。とはいえ,堅過ぎもせず。原材料的にはシンプルそうに見えるけれども,自分でこのバランスを作れと言われたら難しいのではなかろーかと思わせる一品。

ご機嫌ソングに行きたくなる位のウマーだったので,お礼を再度ny様へ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1279

コメント

したたり、気に入っていただけたようでよかったです。
実は自分用にもう1本買っていたのですが、それもお遣い物にしてしまったのでした。
また買います(黒糖好き)。

先生のご紹介をみてこれはと思い、京都に行ったついでに買ってみたのですが、この甘さはなかなか抹茶がないとついていけませんでした。人の嗜好をみるにはよいようで、お茶をしている人に一棹差し上げたところお喜びでした。

コメントする