« ocho de mayo | メイン | parfait aux fruits »

May 10, 2007

●sushi para II

出てきたものは,全部きちんと食べるか

読んでいて思わず笑ってしまいました。コメントも何とゆーか。

2256 N. Clarkだと,いかにも高級住宅街で日本食レストランが成り立ちそうだな,というロケーションですね。これが2256 S. Clarkだったりすると,うわ,ちょ,やめて,そんなところで車から降ろさないで,ひぃぃぃぃぃぃぃぃ,なんてロケーション(チャイナタウンのちょっと西の廃工場くらい?)ですが。

それはともかく。

アメリカに住む日本人が太りがちな理由が,「サーブされたものを全部食べる」というところにあるのではないか,というのは,結構よく知られている話ではないかと思う次第。あちらの人たちは,どーんと出されても,嫌いなものには全く手を付けずにがんがん残しまくるのに対して,まじめな日本人は,出されたものは全部食べてしまう傾向があるように思います。このシステムを採用している,すしぱら2というなんですかその店名?というレストランが日本系レストランであるところは,ひょっとするとひょっとして,サーブしたものを残されまくった日本人板前さんか日本人オーナーがぶち切れたからこういうスキームが採用されたのかも,という憶測を生じさせます。
寄せられているコメントがどれも,その辺の「日本人的な感覚」を全然念頭に置かずに書かれているところが,何ともおかしい。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1228

コメントする