« liar? | メイン | moving »

April 2, 2007

●human capital / capital structure

Jonathan Berk, Richard Stanton, & Josef Zechner
Human Capital, Bankruptcy, and Capital Structure
新しいのか新しくないのか,微妙なところなり。

「新しくない」ようにも見えてしまうのはどうしてかというと,capital structureに関するお馴染みのbankruptcy costのお話をもちっと精密にやってみた(optimal labor contractを導いてから,それとdebtのtax advantageとでtrade-off)というだけのことぢゃん,と。
でもね,何となく読んでいると,アメリカ企業よりも日本企業に当てはまりそうなモデルだなー,という感じが結構するのですよ。労働市場がきちんと機能していてclientele effectが発生しているという前提のところまではどうかと思うけれど。

も一つファイナンス(<- Chicago的な発音は"ふぃなーんす"。それなんてラテン系...)系で目に付いたのは:

Jose-Miguel Gaspara and Massimo Massa
Local ownership as private information: Evidence on the monitoring-liquidity trade-off

informationが二通りの機能を持つ,というのは面白かった。ってゆうか,C. Kahn and A. Winton, Ownership structure, speculation and shareholder intervention, Journal of Finance 53 (1998), pp. 99–129が初出らしいので,単にヘタレなオイラの不勉強ですが...

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1191

コメントする