« far breton | メイン | spring flowers »

March 10, 2007

●re: comparative law

F澤@民法さんの策謀により,3月16日に,dpiさん他がメインで,法研で,「比較法の意義」というお題のフリーディスカッションが開かれるそうです。フランスとドイツな方々ばっかりらしい。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1173

コメント

お初にお目にかかることになります。
あまり準備の時間が取れなさそうなのでブログネタの焼き直しになりそうですが、どうぞよろしくお願いします。

「策謀」って…
そんなんじゃないですよ~

修論を書いているとき,フランス語を読むのがつらくって,dpiさんはじめ法研のみなさんに,「なんで外国法の勉強しなくちゃいけないの~??」っとからんでいた気がします.その続きです☆

ぶ。暇があったら「機能的比較法について」とかやりましょか? 米倉せんせが遺した久保野さんメモ(←本人がその存在を忘れていたことが後日判明)って,まだ法研で流通してるのかな。基本的にはあれと同じなんですが。

「ぶっ」ってなんですか~

修行が足りないせいか,そのメモは知りません…dpiさんはあまりお時間がないそうですが,109は3時までとっておきました♪

あい。では,米倉メモのコピーも持ってきます。

109って,1Fの角の旧討論室だよね? 銀杏並木に面していて正門と反対側の。

F澤@民法さんに当日のレジュメを送付しておいたので,必要な人どぞー。

そです.「討論室」って書いてあるすみっこのお部屋です.

資料は,添付ファイルでみなさんに送っておきました~.

コメントする