« natural resources in developing countries | メイン | the lost tomb »

2007年02月27日

SHISEIDO

行ってきました,帰国後初シセイドウ:
ssd07a.jpg

クイニーアマンとカヌレです。このほかに,冬限定のタルト・タタンもげっつしたのだけれど,さすがに多賀城から仙台までけったましーんで飛ばしている間に傾いて見るも無惨になった(味に変わりなし)ので,写真は無しです。仙台市内に入って小田原あたりからの45号線,道が悪すぎる。どうしても揺れます。今度行くときは,こがゆさんにでもアッシー君してもらうのがよさそう... シセイドウは仙台圏で一番おいしいケーキ屋の一つだと思うのだけれど,未だに普通のケーキを買ったことがないのは,「持って帰るまでに崩れるに違いない」と思われるからなのです。

で,まずはタルトタタンですが,激ウマー。やはりお正月に作った自作よりもはるかにおいしい。これは自作では出せませぬ。僕が使ったのは紅玉(Jonathan)だけれど,こちらはジョナゴールドなのでやや酸味は柔らか。カラメルの周り具合がいい感じ。そして,りんごが載ってるパイ生地は,ここのはpate feuilletee INVERSEE,つまり折り込みパイ生地じゃなくて「逆さ折り込みパイ生地」なんだよねー。pate feuilletee自体,面倒くさくて自作したことがないので,inverseeなんてすごす。パリパリでバターの香りがよくて,最高ぢゃ。
クイニーアマンも,バターと塩味が効いていて,シセイドウらしくいい感じ。フランスって感じだねぃ。カヌレは,レシピ見るとなかなかすごい(試しに手許のレシピだと,牛乳1000cc,小麦粉200g,グラニュー糖400g,卵200g,ラム50cc,バニラビーンズ1本,蜜蝋)んですが,中の牛乳とバニラの香りがたまりませぬ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1162

コメント

全然関係ありませんが・・実は楽しみにしてる事があります。はつるさんがシカゴ来る前にだんだんと順位あげていったかちあるき大会。シカゴ、SFのフルマラソンを経て今年はかなりいい線いけるのではないでしょうか?正確な日にちは知らないですが、それまであまり食べ過ぎないように(笑)。

出ようかと思ってたんですが,東京・仙台の往復が忙しくなるので,この3月は出ませぬ。金曜日に東大で助手論報告会,土曜日に東北で研究会,そして日曜日にかち歩き,だから。
てか,かち歩きは,あれ以上はなかなか早くならないかと... あれ以上にするには,競歩の歩き方を学ばなければいけないんぢゃないかと思います。かち歩きは,筋力とか体力とかじゃなくて,脱水症状との戦いなので,天気がピーカン->汗をかく->30キロ過ぎで脱水症状で大ブレーキ; 天気が曇りor小雨->汗をかかない->43キロの間スピードが持つ->6時間10分ちょっとでゴールイン,というメカニズムです。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)