« from Kagoshima 2 | メイン | Engadiner Nusstorte »

January 1, 2007

tarte tatin

帰国後,初めて自作してみたケーキ:
tatin06b.jpg
仙台の自宅にはオーブンがないけれど,実家(帰省中)にはオーブンがあるのだ。

リンゴ大好き人間にはたまらないタルト・タタン。仙台では,多賀城のシセイドウに行けば必ずあるはずだけれど,寒くなってきてR45を多賀城まで行くのが面倒なので食べていなかったのです。

タルト生地は,本来ならパート・プリゼかパート・フィユテで行くべきだけれども,面倒なのでパータ・フォンセ。Chicagoから持ち帰った9インチパイ皿に,紅玉6個詰め込んで作成。
久々にパティシエやった割にはまあまあ良くできたのではないかと。レシピから砂糖を2/3くらいにカットしたけれど,元通りで良かったかもしれない。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1121

コメント

あいかわらず、素晴らしい腕前!
タルトタタン最高~。

私も年越しパーティーでアップルパイと
チーズケーキつくりましたが、
こんなに上手にはできまへん。

あけましておめでとうございます。
良い年になりますように。

いあ,でも,日本に帰ってくると,酪農系食品がみんな高くてお菓子作りにコストがかかりますね。
HydeParkで,クリームチーズが,1/2lbで89セントとかで売っていたのが信じられませぬ。クリームチーズ200gで300円位するってのをスーパーで見つけた日には,チーズケーキを作る気が消え失せます。
あと,アジア系(東・東南・南)の輸入食品も,日本は高い。Chicago Foodsとか安くて好きだったのに...

コメントする