« Vegalta | メイン | super view »

December 3, 2006

●Vegalta 2-1 Vissel

で,行ってしまいました↓
vl06a.jpg

これで,仙スタ(←名前がユアテックスタジアム仙台に変わっていた...)で観戦した試合でのベガルタの勝率100%はまだまだ続く。うははははははははははは。

観衆は1万5千人ちょっと:

仙スタは2万ちょっとで満員になるので,75%位の入りですね。最終戦とはいえ,J2でこれだけ入るのだから,仙台市民はいい人たちだ(笑)。にしても,前から不思議なんだけど,このフラッグの下の人はどうなんだろうねぇ:
vl06c.jpg
ブラジル国旗がゴール裏に見えるのはご愛敬。

starting memberを見てちょっとびっくり。神戸の方に,「FW 三浦淳宏」。ぇ。DFかMFぢゃなかったっけ? てかFW登録が3人いるし,アウェー応援席もやけに元気。あぁ,そうか,神戸はJ1昇格がかかってるんだねぇ,と納得。

試合が始まってしばらくは,完全に神戸ペース。中盤では,ルーズボールへの寄せが早いし,仙台がボール持っても,プレスをかけてパスコースを狭めておいて,きれいにカット。仙台はなかなかボールをキープできない。仙台ゴール前では,フリーでシュート打ててるし。FW3人だったので,仙台のマークがずれているんぢゃないかと想像。
一方で,仙台は全然ボールを前へ運べない。唯一多少まともに機能しているのが,右サイドからの攻めか。左なんてもうダメ。もうこのままいったら,0-2くらいで負けかな,と思い始めたそのとき。
その右サイドからのバックパスを,神戸GKが処理ミスして,こぼれ球を,詰めていった中島がGol! 詰めた努力賞ではあるけれど,まぁラッキー。

この,仙台にとっては幸運な,神戸にとっては不運な1点で,試合の流れが変わる。ゴール前でのマークは修正されたようで,以後,フリーでシュートを打たせる場面は少なくなりました。サイド破られてクロス上げられても,中央はちゃんとマーク着いているから,比較的安心して見ていられたし(←しかし,僕の後ろのあんちゃんは,マークの有無にかかわらず,クロスを打たれたら全て危ないと思っているらしく,「あぶねぇー」と叫びまくり),J1昇格のために負けられない神戸が前がかりになった分,仙台の"普通の"シュートチャンスも生まれるように。左サイドも少しましに。
でもまぁ,中盤はちょっといまいちですな。GKからのロングボールとか,ヘディングで適当につなごうとするし,パスをつないでも後ろ向きで受けたりとか。神戸の方が,オープンスペースをうまく使ってました。特に,仙台の守備は,ボールサイドに寄せすぎる傾向があるのか(てか,そこまで寄せてもボール奪えないって,どーよ),逆サイドが神戸2人・仙台1人なんかになることがよくあるんですね。で,「僕が神戸の選手だったらここでサイドチェンジするなぁ」と思うと,たいていサイドチェンジのパスが出てました。仙台にそういうの無し。ダメだのぅ...

そのまま前半終了。寒いです。まぢで。後半途中から氷雨も降り出し,翌日曜日には仙台初雪。まぁ,Chicagoの真冬に,Soldier Fieldでアメフト観戦するよりは100倍ましに違いない(笑)。

後半に入って,J1昇格を狙う神戸はFWを1枚増やして(-> FW4人),ますます攻撃的に。そのおかげで,逆に仙台は,攻撃しやすくなった感じ。シュート本数もかなりあったような。そんな中,左サイドからのパスを受けたロペスが,中央から豪快なミドルシュートで2-0。これはすごかった。本日のベストゴール。でも,この場面以外では,ロペスと他のメンバとの呼吸はあってなかった。この後,勝たなきゃ行けない神戸は,さらにFWを1枚入れて,FW5人。なんかどっかで見たことある布陣だ(笑)。
そのまま行くかと思われたら,ロスタイムに,神戸FWの個人技で2-1。ペナ外からのパスが神戸FWに通って,その時点で彼は後ろ向きだったし,仙台DFが2人付いていたので,横にはたいて他の誰かがシュートかな,と思っていたら,彼がそのままオーバーヘッド気味にシュート。多分,同じような読みをしたかと思われる仙台GK小針が飛んだけど届かず。うーむ,DFはあそこで打たせてはいけませぬな。

で,最終戦を何とか勝利で飾って,2006ファン感謝セレモニー。運営会社の東北ハンドレット社長の挨拶では,大ブーイング(笑)。帰れコール。他方,1年で首のサンタナ監督は泣いてましたが,サポーターは拍手。そんなことより,ポルトガル語が,スペイン語よりもフランス語に似て聞こえたのが不思議だった(笑)。このときの,本日の横断幕私的優秀賞:
vl06d.jpg
ちゃんと,五七五になっているのが... ついでにふぁっきんベガッ太君も:

そして,せっかく泉中央まで来たなら,仙台に数少ないイタリアケーキを作る,Tavolozzaによってくでしょ,とりんごのトルタとモンテ・ビアンコをげっつ:
tav06.jpg
せっかくイタリアンなので,ババとかズコットとか狙っていたのだけれど,なぜかなし。
りんごの方は,クルミが入っていて,りんごも意外に酸味があって,なかなかさわやかでウマーでした。モンテ・ビアンコは,モンブランのイタ語。マロンクリームが少ないが,生クリームとアーモンド生地で比較的軽め。バランスは良いです。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1100

トラックバック

» 第52節 ベガルタ仙台 vs ヴィッセル神戸 from 夕凪通信
仙台 ○ 2 - 1 ● 神戸 得 点【仙】中島 (11分)、ロペス (64分)     【神】近藤 (89分) カード【仙】菅井 (13分Y)  ... [Read More]

コメント

東北以北でJリーグチームの無いのは寂しいと思います。仙台も楽天かベガルタ頑張って欲しいですね。でも両方という都市力は無いでしょうから、個人の趣味からするとベガルタに金を!!!(ファンがいるうちに)
ケーキおいしそうですね。金曜日に京橋のイデミ・スギノでやっとケーキを手に入れましたが、こんな苦労するのなら新国際ビルの何とかアオキのほうが良いのではといったところでした。(すいませんカメラという趣味が無いので)それから先生法学部にあいそつかしせず、学生をしごいてください。今年のゼミの内容社会に出たら極めて有効ですが、河北以北のんびりしていますからピンと来ていないと思います。それで学部生がゼロ。(嫌いじゃないんですけど)

そういえばコンサドーレもJ2でしたね。ベガルタは,サポーターとスタジアムはいいんですが。スタジアムは交通の便がいいし(ただし宮スタはダメ),ピッチも近い。サポーターも,レッズが負けたときに駒場から浦和駅まで歩く道のりのやうな怖さはありません(笑)。
資金は,仙台市が既に出していたような記憶があるけれど,違ったかな...

たびたび申し訳ございません。仙台市は出しているのでしょうが、もっともっとお金がないと選手が!レッズが優勝したのはやはりワシントンが来たからと思うのですが。(実はサッカー観戦・古本屋巡り・日本の絵・彫刻を見ることで時間をつぶしていますので追伸してしまいました)

うーん,でも仙台はお金のあるビッグクラブではないので,お金をかけて短期的ドーピングをするよりも(某ちぇるしーとかみたいに),2-3年(ないしそれ以上)の長期計画で,基本戦術浸透+ユース育成で行った方がいいと思います。
監督が4年連続で替わっているとのことで,戦術浸透がなされていないように思います。一貫しないフロントがまず悪いんでしょうが(だから大ブーイング?),目先の昇格を求めているのなら,サポーターにも部分的に責任があるような...

コメントする