« I shall be back | メイン | first sanma »

September 6, 2006

●Parquette myrtille et Orangerie

oran_myr.jpg

帰国後ケーキ屋巡り第一弾は,Orangerie。ぱるけっと・みるてぃーゆとsignature cakeのおらんじぇりをゲット。

買おうとして店に入ってまず思ったのが,「ケーキが小さい!」。体感で,USの2分の1から3分の1くらいか。後でこの感想を,同僚Sさんに話したら,「それは奴らが食べるのが大きすぎるんです」。うーむ。しかし,大きい方がうれしいが....

味の方は,申し分なし。ぱるけっとは,普通なら「タルトレット・オ・ミルティーユ」と呼ばれるであろう,王道のブルーベリータルト(自分でも1回作ったな)。タルト生地の上にカスタードを積めて焼き,生クリームとブルーベリーを飾る。
まず,生クリームが繊細でおいしい。USとは違う! タルト生地もサクサクでいい感じ。僕が自分で作るのはもうちょい固くなる(←多分,卵と水分とグルテンの関係)。甘さも適切。日本のケーキですな。むふふふふふふ。

オランジェリの方は,以前も食べたことある,オレンジとチョコのムース。うーむ,これもいい。やっぱり,オレンジとチョコは合うね。Chicagoでも,オレンジムースと称して何度か作ったが。こっちの方が,オレンジピールの香りが強くて繊細な感じ。自作のものの方が,オレンジムース部分が多くて,そっちの方がさわやかで良かった気がするが,これもまたよし。

うーむ,大学を首になった場合にパティシエを始めるには,まだまだ技術が足りないなぁ...

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1049

コメントする