« switching hub | メイン | vino »

September 16, 2006

●La Couronne d'or

仙台に帰って初めての,ら・くろんぬ・どる:
pralinefig.jpg

場所がちょっとややこしいけれど,ファンは多い。僕が仙台に来る前(~2000年)には,なんと土曜日バイキングがあったらしいが,今では多分なし。ちなみに,イートインではマリアージュフレールの紅茶も頼めるのもポイント高し。

今回げっつしたのは,スタンダードなpralineの他,季節の新作のイチジクのパイ(表記はなぜか「いちぢく」)。
イチジクパイは,pate feuilletteeの上に,防水帯としてスポンジを引き,カスタードクリームを詰めてからイチジク載せ。pateはさくさくふわふわでえぇ感じ。カスタードクリームは,イチジク自体の味がそんなに強くないためか,それにあわせて甘さ控えめにしてある。上品ですのぉー。自作のカスタードはもっと甘く作っていたような記憶が。
ここのpralineは,以前も食べたことがある。他の店でよく見るようなプラリネムースではなく,ナッツ類を焼き込んだスポンジとプラリネクリームが交互に重ねてある仕組み(→プラリネムースを期待して買うと失望する恐れあり)。濃厚なムース系もいいけれど,ここのナッツ類の食感と香りをダイレクトに楽しめるのもまたよろし。

   *   *   *

ちなみに,駅の方に行ったついでに,朝市に立ち寄って,気仙沼産戻りガツオもゲット。仙台の秋は,サンマとともに,これがうまいんだよねー。背と腹とどっちがいい?って聞かれたので腹。こっちの方が脂がいっそうのっている気がする。
2/3くらいお刺身で食べた後,残りは,早川シェフに教わった「戻りガツオのづけ茶漬け」に仕込む。準備は簡単で,お刺身に切った戻りガツオを,生姜醤油につけて冷蔵庫に一晩。翌日,熱いご飯に載せて上からほうじ茶を回すだけ。出汁は鰹から出ます。一度お試しあれ!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/1053

コメントする