コメント: deterrence

初めてコメントさせて頂きます。
森田さんは東大学士助手を経て、現在教授をしておられますが、東大学士助手というと東大法学部の中でもエリート中のエリートだと考えられますが、やはり中学受験をして、東大に入学したのですか?
中学受験が現在主流になっていますが、高校受験では東京大学に入学、さらにその中でも上位になるのはなかなか難しいのでしょうか?
初めてのコメントでブログとは関係のない質問をしてすみません。

いろいろと突っ込みどころはありますが。

確かに僕は中学受験組ではありますが,中学受験したこととその後の人生の因果関係については,選択バイアスが強くかかっているので,中学受験したこと「によって」こうなった,という結論を下すのは無理ですね。
「中学受験をしなかった場合の僕」という反事実を作り出したら,案外,中学受験の効果はほとんどないかもしれません。実際,教育経済学の分野では,教育のパフォーマンスというのは,大部分が選択バイアスで説明できて,教育自体の効果は,一部の場合(たとえば貧困により教育を十分に受けられなかった人に教育を施すとのびる)を除くと,あまりない,というのが割と広く観察される結果だと思います。

この辺については,僕の法セミ連載の16回・17回(2013年1月号・2月号)をごらんください。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)